弁護士法人 せせらぎ法律事務所 東京立川支所

受付時間 10:00-18:00 0120-954-796

通常予想される結果(非該当)とは異なる後遺障害等級を獲得し、賠償金を増額した事例

2018.02.05更新

■被害者の方の情報

20歳・男性・学生

■事故の概要

自転車で交差点を横断中、右折してきた車両に衝突されたもの

■お怪我などの概要

右肩打撲・挫創、左膝挫傷など

 

■獲得した賠償金(示談金)の内容

後遺障害等級が「非該当」であった場合:約100万円

解決時(後遺障害14級):約235万円

 

■主張・立証などのポイント

この事故の被害者の方は、挫創を負った肩の上部(ノースリーブの着衣でも隠れる部分)に、傷口がケロイドのように盛り上がった「瘢痕」が残ってしまいました。

 

もっとも、自賠責保険においては、腕の瘢痕・醜状痕(醜いあと)につき、

上肢の露出面手のひらの大きさの醜いあとを残すもの」(14級4号)

という認定基準が用いられており、

「露出面」とは『肩の付け根から指先』のことであるため(※)、

上記の傷口を単なる「瘢痕・醜状痕」であると捉えて後遺障害等級の認定を申請すると、『非該当』という結果が導かれてしまうことになります。

※なお、労災保険においては、『ひじ関節以下(手部を含む)』を「露出面」と定義しており、自賠責保険とは基準が異なりますので、注意が必要です。

 

そのため、この方の件については、上記の傷跡に痛痒いような感覚(疼痛・掻痒感)が残っている」という症状を強くアピールすることにしました。

そうしたところ、自賠責保険において、

局部に神経症状を残すもの」(14級9号)

という等級が認められ、賠償金を大きく増やすことができたのです。

 

以前にお伝えしたケースと同様、この方も『後遺障害』を発見・認定できたことにより、賠償金の金額が飛躍的に伸びました。

また、この方のケースは、自賠責保険などに対する申請・請求の仕方(後遺障害診断書の内容や、添付する資料など)によって、最終的な結果に大きな差異が生じることもある、という一例です。

 

そして、弊事務所では、多くの経験と専門的な知見に基づき、後遺障害等級の獲得を目指すべき傷病・部位や、そのために最適な申請・請求の方法などをご提案できるよう心掛けております。

 

交通事故・自転車事故・労災事故などでお怪我をなさった際は、最終的な示談解決の前に、一度弁護士へご相談をなさってみることをお勧めいたします。


 

初回無料法律相談についてのお問合せはこちらへ
telephoneTEL:0120-954-796
(受付時間 10:00~18:00)

 

投稿者: せせらぎ法律事務所

法律相談のコツについて(無料法律相談の時間内に有益な情報を得る方法)

2018.02.02更新

【Q.市役所などで30分程度の無料法律相談を受けたことがありますが、話の途中で時間切れになってしまいました。どうすれば良い法律相談ができますか?】

 

【A.『結論(ご希望)を先に弁護士へ伝える』のがコツです】

 

現在直面されているトラブルやご相談事などについて、

自分としてはこのように解決したい

このような結果が出ることが望ましい

というご希望を先にお伺いできると、より有益・効果的な法律相談ができることが多いです。

 

このとき、お客様の側では、法律的な部分に配慮をする必要はありません

ただ、率直なお気持ちのままに、「こうなればいいな」というご希望をおっしゃってくださればよいと思います。

 

■誰某から金を○○円回収したい(取りたい)

■誰某に土地や建物から出て行ってほしい

■○○を止めさせたい(○○をさせたい)

・・・といった形で(もちろん、このようにキレイに整理できなくても構いません!)ご希望を先にお伺いできれば、

 

その目標・結果・ターゲットについて、

●法律的に可能か?

可能であるとして、法律的にはどのような事情・条件や準備などが必要か?

●目標を達成できる確率はどの程度か?

●目標を達成するために最適な方策(訴訟・調停・ADR・直接交渉など)は何か?

●目標達成のために必要な費用や時間はどの程度か?

・・・というように、いわば芋づる式に、必要な情報を無駄なく回収することができます。

 

反対に、時間切れになってしまう法律相談の典型例は、

『そもそもの始まりは〇〇年前~・・・ 

というところからスタートして、

『あんなエピソードがあった』『そういえばこんな事も』

というお話を経て、最後の最後に

『・・・という事情があるので〇〇がしたいのです』

といった形でご希望が登場するパターンです。

このような順番でお話をされますと、大抵はエピソードの部分だけで30分以上かかってしまいますよね。

 

もちろん、トラブルや紛争に至った歴史・事情はとても大事な情報ですし(上に書いた流れで言えば、★の部分で弁護士からお伺いすることが多いです)、

そのようなエピソードで悩んでこられたお気持ちを伺い、そのお気持ちに寄り添うことが、弁護士の重要な役割の一つでもあります。

ただ、限られた時間で十分な情報を得るためには、少しお話の順番に工夫をしていただくことが必要な場合もある、ということです。

 

なお、宣伝も兼ねて申し上げますが、弊事務所は、無料法律相談のクオリティについて、かなりの自信を持っています

お客様の側でお話の順番などに気を付けていただかなくても、必要十分なご事情を的確にお伺いする技術を持っておりますし、

きちんとしたご回答を差し上げないままに、時間切れでお帰りいただくような事態は、今までに一度も起きていないものと自負しています。

 

以前にご案内したとおり、法律相談は、とにかく早いタイミングで受けてみることが重要です。

もし何かお困りのことなどがございましたら、小さなことでも構いませんので、弊事務所の無料法律相談をご利用ください。 


 

初回無料法律相談についてのお問合せはこちらへ
telephoneTEL:0120-954-796
(受付時間 10:00~18:00)

 

投稿者: せせらぎ法律事務所