弁護士法人 せせらぎ法律事務所 東京立川支所

受付時間 10:00-18:00 0120-954-796

解決事例-ケース紹介-

交通事故【専業主婦 後遺障害14級9号での賠償金として約330万円獲得した事案】

2021.12.01更新

■被害者

女性 専業主婦

■事故の概要

信号待ち停車中に,後方から進行してきた車両に追突された

■お怪我などの概要

腰椎捻挫

 

■獲得した賠償金(示談金)の内容

解決時:約330万円

 

■主張・立証などのポイント

相談者は,本件事故後,腰部に痛みを感じ,リハビリ通院及び投薬治療を行いました。

相談者は,夫と小学生のお子様のいる専業主婦でしたが,腰の痛みにより家事に支障が出ていました。

通院を継続したものの腰部痛が残存していたため,必要な検査などについてアドバイスしたうえで,症状固定にすることにしました。

 

弁護士は,後遺障害診断書中の自覚症状の記載や検査内容のチェックを行い,自賠責保険へ被害者請求の方法で申請をしました。

その結果,腰部痛について局部に神経症状を残すものとして14級9号が認定されました。

 

その後は,相手方の任意保険会社との交渉になります。

被害者が主婦の場合に最も意識する損害の項目は休業損害です。

主婦の休業損害については,赤い本に,賃金センサスを使って求めることが記載されています。

相談者の場合は,令和元年の賃金センサスに従うと日額約1万円の損害となります。

実通院日数を休業日数とする場合,主婦の休業損害は,給与所得者等と比べ高額となり易いため,交渉時に争点となる傾向があります。

 

本件では, 交渉の結果,休業損害を希望通りの非常に高い金額で進めることになりました。

その他の項目である慰謝料,逸失利益等と合計し,合計約330万円で示談することとなりました。

 

休業損害の立証は,給与所得者の場合は雇い主が作成する休業損害証明書を使用し,個人事業主の場合は確定申告書等を使用します。

主婦の場合は,このような文書はないため,事故後に家事がどの程度制限されたかという本人の陳述に基づきます。

裁判では,最終的には本人への尋問により立証することになります。

裁判所が家事への影響は大きくなかったとの心証を抱けば,休業損害の金額が交渉段階よりも下がることもあり得るので注意しなければいけません。

 

当事務所は,初回無料法律相談を行っておりますので,ぜひご利用下さい。

近時,所沢市,狭山市,入間市,川越市からのご相談も増えております。

立川市以外の地域にも対応しておりますので,お気軽にお問合せください。


初回無料法律相談についてのお問合せはこちらへ

弁護士法人せせらぎ法律事務所東京立川支所 

telephoneTEL:0120-954-796
(受付時間 10:00~18:00)

交通事故専門サイト

https://kotsujiko-slt.com/

投稿者: せせらぎ法律事務所